スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

檸檬堂はコカ・コーラが世界で唯一販売しているアルコール飲料|10月から日本全国で発売!

コカ・コーラが初めて、アルコール飲料の販売を行います。
いえ、正確にいえば、すでに行なっています。
2018年5月から、九州限定でレモン酎ハイの「檸檬堂」が、先行販売されています。
この檸檬堂を、今年の10月より、日本全国で発売するそうなのです。

特筆すべきは、コカ・コーラ社ではアルコール飲料の世界展開は考えていないとのこと。
世界200以上の国や地域で展開しているコカ・コーラグループが初めて発売するアルコール飲料が日本というのも驚きですが、日本でしか販売しないというのも驚きです。
コカ・コーラ社のガルドゥニョ社長によれば、日本の市場は非常に独特なんだそう。
当面は世界で唯一国、日本でだけアルコール飲料が販売されることになりそうです。

檸檬堂は、4種類。
アルコール度数5%の「定番レモン」、7%の「塩レモン」、3%の「はちみつレモン」、9%の「鬼レモン」です。
様々な度数を用意してくれているのも、私のようにアルコールに弱い人間にとっては嬉しいですね。
製法もこだわっていて、レモンを丸ごとすりおろしてお酒に漬け込む「前割りレモン製法」で作られています。

去年の7月31日放送の「マツコの知らないレモンサワーの世界」でも、”レモンザムライ”鈴木慶洋さんが檸檬堂を絶賛していました。

ちなみに檸檬堂がまず最初に九州限定で発売されることになったのは、九州は総務省の「家計調査」によると、焼酎の購入金額が多い割にチューハイの購入金額は低い。
つまりチューハイの販売に伸びしろがあるため、レモン酎ハイである檸檬堂のテスト販売をするのに最適だったのだとか。

気になるお味ですが、アルコールとレモンのバランスが最も良いのは、定番レモン。
キリッと引き締まった味がするのは、塩レモン。
はちみつレモンは、まさにはちみつレモンを炭酸で割ったような味。カクテル感覚で飲めます。
鬼レモンはレモン1.5個分の果汁を使っているだけあり、アルコールも強いのですが、それ以上にレモンの酸味がガツンときます。

10月に全国展開しますが、売り切れ必至の檸檬堂。
今ならまだ、ネット通販ですぐに購入することができます♪




≪関連記事≫
みぞれ酒「澪」フローズンパウチ新発売! 暑い夏はお酒を食べちゃおう!シャリシャリ食感が新鮮
ジムビーム ハイボール缶リニューアル発売! 新開発の柑橘蒸留酒で爽快感アップ!
カルロ ロッシ ICE 氷を入れた”アイススタイル”で飲むワイン「冷ワ」
透明な甘酒カクテル|ウェスティンホテル東京で期間限定提供|甘酒カクテルレシピ大公開!
サッポロビール イノベーティブ・ブリュワーのSORACHI1984は、伝説のホップを使った爽やかなビール



JUGEMテーマ:飲兵衛、大集合!

スポンサーサイト