スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

味・塩こしょう 減塩|塩なのに”減塩”!? おいしくない? 変わらない? 徹底検証!

「味・塩こしょう 減塩」が発売されました。



”塩”なのに”減塩”って? 意味わからないんですけど?

実は私たちが一般に”塩”と呼んでいる食卓塩などは、その成分の99%が”塩化ナトリウム”でできています。
中学生の頃、NaClと習ったことを覚えている方もいるでしょう。
NaClは、Na(ナトリウム)とCl(塩素)でできていますが、”減塩”で問題となるのはNaの方です。
そのため、塩化ナトリウムと同じような塩味を感じる”塩化カリウム”を加えることで減塩(というより減ナトリウム)をしているのです。
「味・塩こしょう」の塩を単に減らしただけでは使う量が多くなって、結局減塩にならなくなってしまいますからね。
塩化カリウムで塩化ナトリウム同様の”塩味”を感じるので、いつもの使用量・いつもの味にも関わらず、無理なく減塩ができるのです。
いくら健康にいいからといって、美味しくなければ続きませんからね。

また、塩化ナトリウムを塩化カリウムに置き換えることで、もう一つ良いことがあります。
体内ではナトリウムは細胞の外、カリウムは細胞の中に多く存在します。
この濃度関係が崩れると、むくんだり、高血圧の原因になったり、体温調節に変調をきたしたりすることがあります。
一般的にナトリウムが多すぎてカリウムが不足している場合が多いので、高血圧の方の食事療法では、食塩摂取量を減らすこととともに、カリウムの摂取を増やすよう指導されることもあるのです。

一つ注意が必要なのは、腎臓が悪い方です。
ナトリウムもカリウムも尿によって体外へ排出されますが、ナトリウムが多すぎると高血圧などの病気の原因となってしまうように、カリウムが多すぎても不整脈などの病気の原因となってしまいます。
特に、腎臓が悪い方はカリウムを尿中にうまく排出させることができず、体内に蓄積されてしまいます。
腎臓が悪い方は、ご注意ください。

また、「味・塩こしょう 減塩」を利用しても、いつまでも濃い味付けでは、塩こしょう味以外のお味噌汁などから塩分を多く取ってしまいがちです。
出来るだけ薄味の調味を心がけましょう。

薄味にしても味が物足りなくならないように、次の工夫をするとよいですよ。

・酢や柑橘類を加え、酸味をつける
・出汁を多用する
・薬味を使う
・香辛料を使う

”塩味”以外の味や香りを利用することで、塩味に頼らなくても美味しく食べることができます。
こうした工夫をすると、調味にも幅が出るので、いつものおかずもバラエティー豊かになりますよ。
私のオススメは、レモン汁です。
レモンの酸味の刺激は、塩味の刺激そっくりなので、レモンをかけるだけで塩分を減らしても全然美味しくいただけます♪




≪関連記事≫
ヤマキ 減塩だしつゆ|減塩商品がおいしくなかったのは昔の話。一度試してみてください!







JUGEMテーマ:健康を維持する

スポンサーサイト