スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

水で溶かすだけで炭酸レモネードができる粉末飲料「インスタント瀬戸内レモネード」

炭酸って、二酸化炭素が水に溶け込んでいるんですよね?
その炭酸が、粉末を水に溶かすだけでできるなんて!

「インスタント瀬戸内レモネード」は、水100ccにティースプーン3杯を溶かすだけで、微炭酸のレモネードが作れてしまいます。
レモンは瀬戸内レモンを粉末にし、自然な甘さを楽しむため粉末ハチミツを使っているとか。

それにしても、なんで水に溶かすだけで炭酸になるんでしょうね?

原材料表示は、次の通りです。
デキストリン、砂糖、粉末はちみつ、粉末レモン果汁/酸味料、重曹、香料、乳化剤、甘味料(カンゾウ)、微粒酸化ケイ素、クチナシ色素、(一部に乳成分・大豆を含む)

重曹あたりが怪しいですね。
そういえば、お風呂のシュワシュワする入浴剤にも重曹を使いますものね。
あれ? でも重曹だけの入浴剤はシュワシュワしませんよね?
バスボムを作る材料は、重曹とクエン酸なので、重曹+酸の組み合わせで炭酸が発生するのでしょうか。
となると、酸味料と重曹が炭酸の原料なんですね。

ところで、重曹ってしょっぱいですよね。
バスボム作って残った重曹で、歯を磨いたことがあるのですが、塩で歯を磨いたような、なんか塩辛い味と苦味があって、とても続きませんでした。
なのに、「インスタント瀬戸内レモネード」はふつうにおいしいですよ?
砂糖が入っていて甘くしてあるからかなあ?










JUGEMテーマ:ソフトドリンク


ハスカップ カツゲン|ハスカップとは? 味は? スーパーフード”不老長寿の果実”の真実

カツゲンとは、雪印メグミルクが北海道限定で販売している乳酸菌飲料です。
味は、飲むヨーグルトをもっとサラサラにしたような感じで、一般的な乳酸菌飲料よりちょっと味が濃いめです。
もともと陸軍の栄養補給用に製造されていて、「活源(かつげん)」という名前だったのが、「カツゲン」になったそうです。
ガラナ飲料と並び、北海道特有の飲み物で有名です。



そしてハスカップ。
名前は聞くし、フルーツであることはわかるのですが、いまひとつ馴染みの薄い果物です。
ハスカップは北海道でしか採れない上、生のハスカップは傷みが非常に早く流通に適さないので、北海道外で食べることはほぼありません。
それどころか北海道内でさえ、スーパーで生のハスカップが売られていることが稀なのだとか。

そんな道民にさえ”幻の果物”であるハスカップの味は、どんな味なのでしょうか?


これがハスカップです。
ハスカップの名前の由来はアイヌ語の「ハシカプ」で、「枝の上にたくさんなるもの」という意味があるそうです。


見た目はブルーベリーに似ていますね。
こちらはブルーベリーです。

ハスカップはスイカズラ科スイカズラ属の落葉低木。
ブルーベリーはツツジ科スノキ属で、ハスカップとは全然違うフルーツです。
形は、ブルーベリーが球形なのに対し、ハスカップは長細い形をしています。
味も、ブルーベリーは甘く、程よい酸味があるのに対し、ハスカップは酸味が強めです。

酸味が強いのは、ビタミンCを豊富に含んでいるためです。
そのほかにも、抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノールも多く、これが「不老長寿の果物」と呼ばれる所以となっています。
またカルシウムや鉄などのミネラルも豊富です。

ハスカップと乳酸菌。
まさに最強の組み合わせです。
飲めば名前の通りカツゲン=活力の源となること間違いなし!








JUGEMテーマ:北海道フルーツ


エド・シーラン (ED SHEERAN)とコラボの日本酒限定発売!

エド・シーランが「エド・シーラン ディバイド・ワールド・ツアー 2019」で来日し、4月9日に東京ドームで、4月23日に京セラドーム大阪でコンサートを行うのを記念し、小西酒造が「エド・シーランボトル」の日本酒「ED SHEERAN 純米吟醸 720ml瓶詰」と「ED SHEERAN スパークリング 720ml瓶詰」を各3,000本ずつの数量限定で発売しました。

小西酒造といえば「山は富士 酒は白雪」のキャッチフレーズで有名ですが、いち早くベルギービールを日本に輸入しはじめた企業でもあり、日本酒の輸出にも力を入れています。

日本酒好きの海外セレブといえば、ロバート・デニーロや、ジョージ・クルーニー、ラッセル・クロウが有名ですが、シーランも日本酒のファンとは知りませんでした。
海外では日本食ブームで、コペンハーゲン空港の空弁にお寿司があったのには驚きましたが、シーランも日本食レストランで小西酒造のお酒に出会ったのかもしれませんね。

映画「オーシャンズ13」のホテルでのパーティーで乾杯をするシーンでは、アルパチーノがセリフの中で「久保田」の名前を出したりと、日本食ブームに伴い、日本酒の知名度も大幅アップしています。
ちなみに「久保田」は、ジョージ・クルーニーのお気に入りの銘柄とのことw





JUGEMテーマ:日本酒



1